大塔~天川【紅葉狩り】(めろりーな58)

五條市西吉野~大塔~天川村と走ってきました。

 

今回は、いろんな方にお世話になり、人の温かさと、

そして、11月終わりの日没後の寒さを改めて感じた旅でした。

 

 

ところで、

今の『めろりーな』に欠けているもの、

それはビシッと段取りを決める世話人です。

どうも自分勝手、面倒臭がり屋が多くて困ります。

 

新撰組でいうと、土方、鬼の副長が必要です。

(現在、新撰組関連の本を読書中)

ルールをきちっと守らせ、ビシッと段取りを決める。

ルールを破るものは即切腹。切腹はさすがにまずいので、即脱退させる。

このくらいの厳格さが必要です。

 

ただし、そうなると、現在のメンバーは全員、即脱退させられ、誰も居なくなることになるでしょう。

おそらく私はツーリングに行く前に、打ち首です。

 

それは困るので、今のままでいっておきましょう。

残念ながら、そうなるのですよ。めろりーなの諸君!

 

今回は、当日のAM8時に集合時間が決定しました。

普通の集まりでは考えられない自由度ええ加減さです。

それでも事故もなく、みんな無事に帰られたので、それでヨシ。

 

死亡禁止、これがめろりーなの掟です。

 

【段取りをビシッと決められるメンバーは本気で募集しています。】

 

では、ツーリングのお話。

 

マクダーナル五條24号店

R168ツーリングでは、いつもお世話になる集合場所です。

大阪、京都最南端からやってくるメンバーばかりですので、

実はここまで来るだけでも結構、ツーリングなのです。

 

ですので、ココに集まってコーヒーを飲んで、「それでは、お疲れ様でした。解散!」でも

ツーリングと呼べないわけでもありません。

が、やはりそれではさびしい。

 

集合時間に遅れた理由を並べ立て、ひとしきり近況を報告し合い、

後に続くツーリングへの思いを膨らませる場所、

それが私たちにとっての「マクダーナル五條24号店」なのです。

 

 

西吉野 賀名生付近

モンキーマジックじゃないほうのゴダイゴ様の隠れ里であった賀名生付近のお宅に

あつかましくも上がりこみ、コーヒーやお菓子、お土産までいただいてしまいました。

イッコさん、ありがとうございます。

 

次は、私はまだ行けていない賀名生皇居跡に入ってみたいと思っています。

梅林が有名ということですので(賀名生梅林)、梅の季節にも訪れたいと思います。

 

 

道の駅・大塔

R168を通るときは、ほぼ間違いなく立ち寄ります。

よく行くものの、2階にお土産物売り場があるのは今年になって知りました。

トイレと自動販売機だけだと思っていました。

失礼いたしました。

 

 

大塔復興の灯火

大塔復興の灯火プロジェクトのみなさんが、募金活動を行い、建てられました。

今回は、このモニュメントをワタコオさん、シンさんに見せるというのが58の大きな目的です。

 

 

夢の湯

ここでお土産を買い、お風呂に入る予定が、今回もお風呂には入りませんでした。

理由はここでお風呂に入ったら、ツーリングを続けられなくなるからであります。

 

ここに(格安)宿泊施設がほしいなぁ。

 

 

高野辻ヘリポート

今回の大発見、お勧めスポットです。

五條市役所大塔支所から東に山のほうへ10~15分ほど進むとヘリポートと休憩所があります。

 

東と西に、奈良、和歌山(高野山方面)の山々を一望することができます。

天気が良かったので、最高の景色を見ることができました。

ここをツーリング目的地として、大塔に来ていただいても損はないと思います。

東の山々

北東の山

西の山々

西の山々

南西の山

 

次は雲海を見に来よう!と、めろりーな××の企画の約束をし、ヘリポートを去りました。

※一番下の動画ではエエ大人がアホなことをしていますが、マネはしないでください。

 

 

それから、私たちはR168から県道53を通り、天川村へと向かいました。

途中、ワタコオさんとはぐれてしまいました。

1本道ではぐれる・・・

これが『めろりーな』です。

 

 

天河大弁財天

知人の実家の横を通ると、偶然にも知人が実家に帰っているのに(白菜を並べているのに)遭遇しました。

ここでも、コーヒーとお菓子をいただいてしまいました。

どこに行っても、私たちはお世話になりっぱなしです。

ありがとうございます。

 

天川神社にて、今年の無事を感謝し、来年の無事をお祈りし、

めろりーな58終了となりました。

 

 

 

この旅のまとめ

  • 当日8時に集合時間を決めてもなんとかなる。
  • 11月末ごろでも、晴れていればツーリングに問題なし。
    ただし、日没前に帰ろう。
  • 『高野辻ヘリポート』は行くべき。
  • 紅葉は、、、あんまり見てません。ごめんなさい。

 

( 1 )

天河大辨財天社(めろりーな43)

2011年7月16、17日で、天川村の天河大辨財天社に行ってきました。

 

副題『バカヤロー、目的地は天国じゃない!天川だ!!の巻』

 

宿泊場所は、天河大辨財天社正面です。

京都府最南端の町在住の私の場合、往復231キロの旅でありました。

走行距離だけで考えると、今までのツーリングに比べて距離は短いです。

まぁこのくらいが、ちょうどいいですね。

2011071701

天河大辨財天社では、毎年、16日に宵宮祭、17日に例大祭が行われているそうです。

今年は休日と重なっているので、私たちも参加することができました。

 

この連休に天川村に行くこと、

16日に天河大辨財天社の正面に泊まることになること、

そこの食事が非常においしかったこと(これは偶然ではありません)、

17日の天河大辨財天社最大の祭りに参加すること、

シンさんの知っている高僧のおっちゃん(失礼!!)が祭りのキーマンであること、

シンさんのおふくろさんと遭遇することになること、

なんだかんだと偶然が重なり合った旅でありました。

 

こう書きますと、

天川はパワースポットですから、とおっしゃる方が多いと思われます。

それはなんちゃらの思し召しでしょう、とおっしゃる方もおられると思います。

 

が、しかし、

自分の目で見られるもの、自分の手に触れられるもの以外は一切信じない、

この私から言いますと、

『いろいろあって、おもろかったなぁ』で終わりであります。

おもろかった、ホンマ。

 

自分の手に触れられるもの以外は一切信じないということで言いますと、

高額なお金に触れることのない私にとっては、10万円なぞは無いものと同じということになります。

10万どころか、1万、2万、3万、次は「いっぱい」ということになります。

つまり、4万以上は10億円でも2兆円でも、おなじ「いっぱい」のお金ということになり、

無いものと考えても、私の生活上差し支えないということであります。

 

横道にそれましたが、

偶然が重なったおもろい旅でありました。

もし、これらの偶然が、なんちゃら様の思し召しであったとしたら、

なんちゃら様はさぞ不甲斐ない思いをされるかと思いますが、いたし方ありません。

 

偶然に意味を持たしてはならん!

自然界の偶然こそ宇宙の神秘!

というのが私の考えであります。

 

なんちゃら様の台本で生きさせられるのはご免こうむる、

オレ様はオレ様が道を切り開くのみでござる!

なんちゃら様がついてきたければ、ついてくればよい。

という、まぁ一部の人から言わせると、

とんでもない罰当たり野郎な考え方でここまで生きながらえてきておるわけであります。

 

いや、あーた、4万以上は無いものと同じ、と言っている時点ですでに罰が当たっているヨ!

とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

そ、そ、そうかもしれん、、、

いや、しかし、これは神罰の類ではなく間違いなく自己責任でございます。。。

私の不徳のいたす限りでございます。

 

またまた横道にそれましたが、

そんな罰ではないけれど、、、ないはずですが、今回ヒドイ目にあったのがシンさん。

今回の偶然劇のキーマンではありましたが、

行き道に転倒という憂き目に遭われてしまいました。

 

狭い道の左カーブで、対向から来た四輪がかなりインサイドを攻めてきていて、

正面衝突しそうになったXR230のシンさんが避けようとしてずっコケちまったわけであります。

四輪との衝突、接触がなかったのが、不幸中の幸いであります。

 

ここで私たちが得た教訓は、

ブロックタイヤで舗装路をぶっとばしてはならん、ということであります。

そして、めろりーなの掟『死亡禁止』を改めて固く誓う私たちでありました。

 

 

そして、やっと、

 【旅報告】

今回、 R309で天川村に向かうのではなく、大回りをし、R169からR309に入るルートで

向かいました。

 

melo43-01

途中、「丹生川上神社 上社」に立ち寄り、毎度のグダグダ話です。

現在の「丹生川上神社」の場所ではなく、ダムに沈むという元の場所には

ストーンサークルがあったということで、ここが大昔から人々の信仰の場所であったことが

うかがえます。

このストーンサークルについても、散々バカ話をしたのですが、その詳細は避けておきます。

 

 

R309に入った私たちは少し広くなったところに単車をとめて、急斜面をころがるように

降りて休憩です。

melo43-02

 

melo43-03

 

melo43-04

冷たい川の水は、私たちの疲れを癒してくれます。

研究熱心なシンさんは魚を探して、どっかに行ってしまいました。

 

 

この休憩のあと、、、

上記の転倒の一件がありました。

 

 

天河大辨財天社そばに到着した私たちは

温泉に入ったり、

おいしい食事をいただいたり、

お祭りを見学をしたり、

すばらしい旅であったのですが、、、

やっぱり転倒の一件が尾を引きます。

飛ばしすぎは駄目ですね。

melo43-05

 

melo43-08

 

melo43-06

 

melo43-07

 

melo43-09

 

melo43-10

 

melo43-11

 

これで「バカヤロー、目的地は天国じゃない!天川だ!!」の巻 を終わらせていただきます。

 

 

 

 

追伸(のつもりが予想以上に長い):

この右折ポイント(バイパス降りてR24に入る場所)には、いつも小石が転がっています。

前回もそうでしたが、今回の帰りに通ったときも前輪がズルッとすべりました。

ここで前ブレーキをかけていたら、私も転倒&後続の車にプチっと踏まれるという憂き目、

となっていたことでしょう。

 

単車って危ないね、と思います。

単車に乗られない方はなんでそんな危ないものに乗るんよ~とおっしゃいます。

今回、シンさんもこれからしばらくの間、散々そういうことを周辺のみなさんに言われることに

なるでしょう。

 

もし、

神日本無駄省彦尊(かみやまとむだはぶきひこのみこと)という、

この世の無駄を省くということを生業とされている神様がいらっしゃれば、

単車なんて危ないしまわりに迷惑やし無駄!と即断されてしまうでしょう。

 

そんな神様がいらっしゃるとしたら、この世の大半の女性に対しても、

その顔に塗りたくっている粉やハンネリ状の物質も無駄であるとお告げされることでしょう。

が、それを聞いた女性たちに神日本無駄省彦尊なんて、速攻、岩戸にぶちこまれてしまうことなると

思います。

 

世の中に無駄なことなんて、ないのでございます。

粉、ハンネリ状の物質、単車、みんなあっていいんでございます。

一見、無駄に見える、彼女たちの粉も、ハンネリ状の物質も私は大好きですよ。いや、ホント。

これを読んでいるあなたの粉や、ハンネリ状の物質は決して無駄なものではありません。

他の人の粉や、ハンネリ状の物質が無駄かもねぇと、私は言っているだけであります。

 

ついでながら、

安全に他に迷惑にならないようにがんばって単車に乗りますので、どうかお許しください。

 

 

世の中の女性たちを敵に回そうとしているのか、媚びているのかわからない状態のまま、

この思いのほか長くなった追伸を終わらせていただきます。

 

敬具