小山浦(めろりーな57)

10月の6日・7日で三重県紀北町の小山ハウスに行ってきました。

 

今回は、二輪組に加え、四輪組も参加でした。

お泊まりツーリングに四輪の参加があると、非常に助かります。

 

オートバイだけですと、

現地に到着~旅塵を落とす~荷物をとく~ 一息ついて、

さて夕食の材料を買いに行きましょか!と、再度、バッグをくくりつけ、

ヘルメットをかぶりグローブをつけ・・・

ちょっと離れた温泉に入りに行くときも、ヘルメットとグローブ・・・

温泉から出てすっきりしたのに、またヘルメット・・・

と、なります。

 

しかし、四輪組がいてますと、そういった面倒くささが一切なく、

後部座席にどかっと座り、ほな、たのんます。

これだけで済むのであります。

非常に楽なのです。

 

これからは絶対、お泊まりツーリングでは四輪組に来てもらおう、

いや、いっそのこと、自分も四輪で行ってしまおうか、

とオートバイ倶楽部にあるまじきことを考えてしまうほどの、快適な旅でありました。

 

ついでに言いますと(私@SUZUROや、松田さんの場合)、

夕食、おつまみ、朝食の準備は、シンさんや、四輪組のAMさんがやってくれるんですね。

私や、松田さんはグダグダしゃべっているだけで、目の前に尾鷲の食材を取り揃えた

ときめきのお食事がどんどん準備されていくんです。

 

私と松田さんだけであれば、カップ麺、いや、お湯を沸かすのも面倒なので、

チキンラーメンをそのままボリボリ食う、それのみで済ましかねません。

なんともありがたいお話でありました。

 

 

今回は、ツーリングと小山浦の小山ハウスで、シーカヤックに乗る。という主旨の企画です。

 

10月にシーカヤック?寒くないですか?間違いなく寒い、凍えない準備が必要なんじゃないのか?

というのが、大方の予想だったのですが、

2012年の10月7日は予想に反し、すばらしく晴れ、暖かく、そして波もおだやかで

シーカヤックには最高の天候で、楽しく遊ぶことができました。

 

最高の天気と、すばらしいインストラクター わたボー!に感謝です。

 

 

【行き】

桜井のマクドナルドに集合し、快走R166をぶっちぎって、

三重県多気郡多気町のコケコッコー共和国で昼食を食べました。

予定では紀伊長島で昼食だったのですが、とあるメンバーが集合時間に目を覚ますという、

非常にめろりーならしい展開があり、もう我慢できん、とにかく食おうということで、

上記コケコッコーでの卵かけご飯となりました。

 

コケコッコーでの鳥焼肉に非常に惹かれたのですが、ビール無しで焼肉はつらいという、

私の切実な意見が可決され、鳥焼肉は今度!です。

(集合時間で目を覚ましたメンバーはこのコケコッコーで合流しました)

 

勢和多気から、紀勢自動車道で大内山まで一気に進み、残りはR42です。

二輪組も全員ETC付きですから、有料道路も楽々です。

・軽自動車用自主運用

・二輪用シガーソケット運用

です。

 

紀伊長島の道の駅では、まるで鳥肉のようなマンボウを食し、

「海の駅」小山ハウス レストランでアイスを食し、

小山浦の小山ハウスを目指します。

 

最後は少しわかりにくいところがあるので、

「海の駅」小山ハウス レストランで聞くとよいでしょう。

私たちはそうしました。

 

【小山ハウスと、シーカヤック】

これは一番下の動画を参照してください。

 

【帰り】

四輪組と二輪2台は来た道をそのまま。

1台(松田さん)は、どーしてもR425 で帰りたいというので別行動。

これもまためろりーならしいお話です。

R425には10月7日時点で通行止めの場所があり、とんでもない目にあったようですが、

なんとか松田さんも帰りついたようです。

 

このようにして、めろりーな57 が終了しました。

 

 

この旅を終え、

  • お泊まりツーリングに四輪が来るとうれしい。
  • そして、シーカヤックは楽しい。
  • この時期は、晴れていれば昼間は暖かいが、
    日が暮れると一気に冷えるので、やはり厚着の準備は要る!

ということがよくわかりました。

 

次の参考にしようと思います。

 

 

 

それでは最後となりましたが、動画もお楽しみください。

 

 


( 1 )

紀伊長島(めろりーな47)

久々にダーっと、ただ走るってのをやるべく『紀伊長島』に行ってきました。

 

副題

『俺たちは死ぬまでに何度ギアチェンジを繰り返すのだろうか?紀伊長島』

 

京都府最南端に住む私の場合、往復350キロです。

集合場所の桜井のR165のマクドナルドに集合して、桜井に戻ってくるのに280キロです。

 

行き道(R166)

R166は最高に快走路です。

道の駅・飯高駅に着くと、他の二輪や四輪のスポーツカーたちがたくさんおられました。

『ただ走る』のには最高の道だと思います。

 

帰り道(R368)

R368もほとんどが快走路ですが、一部にスラロームの練習かい??というような狭い道があるので、

アメリカンなバイクな方は行きも帰りもR166、あるいは名阪国道ー伊勢自動車道-紀勢道路を

お勧めいたします。

 

R166は『めろりーな9(2005年)』に通った頃よりはるかに道が良くなったように感じました。

R368は『めろりーな24(2009年)』に通ったはず・・・こちらがトキとしては近いのですが、

あまり記憶が呼び戻されませんでした。今回、疲れ切っていたからかもしれません。。。

 

 

紀伊長島

道の駅 紀伊長島マンボウでは、産まれてはじめてマンボウ(串焼き)を食べました。

魚というか鳥の食感ですね。うまいです。

2011101001

 

孫太郎キャンプ場(見学のみ)

今回は、いつかここに泊まりに来て、シーカヤックをしよう。

その見学に行ってみよう、というのが大きな目的でした。

2011101002

写真は『孫太郎オートキャンプ場』の近くの海水浴場からの

写真です。ほぼ真西を向いて撮った写真です。

『孫太郎オートキャンプ場』も同様で、海に日が沈むシーンを見ることはできませんが、

設備の整ったいいキャンプ場でした。

 

いつか行きたいもんです。

 

 

道の駅 美杉

2011101003

ここに着いた頃にはヘロヘロでした。。。

 

 

10月10日をなめるな!

最後に、1年後の私へ。

8日、9日と暑いほどだったので、10日の今日、私は長袖Tシャツと薄手のジャケットのみで

行ってしまいました。

その格好で、10月10日やったら、寒い

 

昼間はいいのですが、特に朝のR166はつらかった

なんで薄着になるのかは、私がよ~くわかっています。

 

いつもいつも準備を当日にするから悪いのです。

出発前にバタバタするから暑くなるのです。

だから、アッツいわ。ごついジャケットなんか着てられるか!!となってしまうのです。

 

家を出た瞬間、寒っと気づいたのですが、準備を出る寸前にするもんで、

出発が遅れているわけで、戻っている時間がないのです。

 

次回のツーリングでは前日に準備しよう。

・・・いや、それは無理でも10月10日はもう単車で走ると寒いので、ちゃんとした

ジャケットを着ることにしよう。そうしよう。

 

あと、

一日の走行距離は(下道なら)200キロ以下で!

と思います。

安乗崎(めろりーな24)

2009年5月2日~5月3日(2日間)

 

安乗崎、安乗は、あのりと読みます。
『喜びも悲しみも幾歳月』のロケ地で有名なのだそうですが、
僕はその映画を見たことがなく、歌だけ知っている状態でした。
行く前に観ようとツタヤへ飛んでいったものの、ありません。
おいてないんです。
置いといて欲しいですよねえ、この手の昭和映画は。
売れ線ハリウッドだけでなく、幅広くお願いしたいところです。

 

 

R166ルート(和歌山街道)とR369ルート(伊勢本街道)の2隊でスタートしました。

目的地は三重県志摩の安乗崎。

 

合流する気があるのかないのか?

毎度ながらの『めろりーな』らしい空間を超えたツーリングです。

 

携帯のメールで状況を連絡しあっていれば、大体合流できてしまうものです。

ほぼ同時に道の駅『茶倉』に到着し、合流できました。

 

あとは、海鮮とお酒。

そんなツーリングでありました。

melo24-01

 

melo24-02

 

melo24-03

 

melo24-04

 

melo24-05

 

melo24-06

 

melo24-07

 

melo24-08

 

紀伊長島(めろりーな9)

私の今までの遠乗り経験の中で
これほど気色いいルートもあまり覚えが
ありません。

 

国道166~422、260、断崖峠越えは、
天気と温度の良さ、さらにクルマの少なさも
合わさって、まさに最高ランクの遠乗りルートでした。

 

タイヤが完全につるつるな為、
曲がり道では結構気を使いましたが、
タイヤ交換を延期してやってきた価値は
完璧ありました。

 

もちろん何から何まで完璧というわけでは
ありません。いつものごとく反省点も
いっぱいあります。

 

今回最大の問題点、それは、
「走りすぎ」です。

 

トラッカーで日帰り往復420キロ

 

遠乗りしすぎです。