小山浦(めろりーな57)

10月の6日・7日で三重県紀北町の小山ハウスに行ってきました。

 

今回は、二輪組に加え、四輪組も参加でした。

お泊まりツーリングに四輪の参加があると、非常に助かります。

 

オートバイだけですと、

現地に到着~旅塵を落とす~荷物をとく~ 一息ついて、

さて夕食の材料を買いに行きましょか!と、再度、バッグをくくりつけ、

ヘルメットをかぶりグローブをつけ・・・

ちょっと離れた温泉に入りに行くときも、ヘルメットとグローブ・・・

温泉から出てすっきりしたのに、またヘルメット・・・

と、なります。

 

しかし、四輪組がいてますと、そういった面倒くささが一切なく、

後部座席にどかっと座り、ほな、たのんます。

これだけで済むのであります。

非常に楽なのです。

 

これからは絶対、お泊まりツーリングでは四輪組に来てもらおう、

いや、いっそのこと、自分も四輪で行ってしまおうか、

とオートバイ倶楽部にあるまじきことを考えてしまうほどの、快適な旅でありました。

 

ついでに言いますと(私@SUZUROや、松田さんの場合)、

夕食、おつまみ、朝食の準備は、シンさんや、四輪組のAMさんがやってくれるんですね。

私や、松田さんはグダグダしゃべっているだけで、目の前に尾鷲の食材を取り揃えた

ときめきのお食事がどんどん準備されていくんです。

 

私と松田さんだけであれば、カップ麺、いや、お湯を沸かすのも面倒なので、

チキンラーメンをそのままボリボリ食う、それのみで済ましかねません。

なんともありがたいお話でありました。

 

 

今回は、ツーリングと小山浦の小山ハウスで、シーカヤックに乗る。という主旨の企画です。

 

10月にシーカヤック?寒くないですか?間違いなく寒い、凍えない準備が必要なんじゃないのか?

というのが、大方の予想だったのですが、

2012年の10月7日は予想に反し、すばらしく晴れ、暖かく、そして波もおだやかで

シーカヤックには最高の天候で、楽しく遊ぶことができました。

 

最高の天気と、すばらしいインストラクター わたボー!に感謝です。

 

 

【行き】

桜井のマクドナルドに集合し、快走R166をぶっちぎって、

三重県多気郡多気町のコケコッコー共和国で昼食を食べました。

予定では紀伊長島で昼食だったのですが、とあるメンバーが集合時間に目を覚ますという、

非常にめろりーならしい展開があり、もう我慢できん、とにかく食おうということで、

上記コケコッコーでの卵かけご飯となりました。

 

コケコッコーでの鳥焼肉に非常に惹かれたのですが、ビール無しで焼肉はつらいという、

私の切実な意見が可決され、鳥焼肉は今度!です。

(集合時間で目を覚ましたメンバーはこのコケコッコーで合流しました)

 

勢和多気から、紀勢自動車道で大内山まで一気に進み、残りはR42です。

二輪組も全員ETC付きですから、有料道路も楽々です。

・軽自動車用自主運用

・二輪用シガーソケット運用

です。

 

紀伊長島の道の駅では、まるで鳥肉のようなマンボウを食し、

「海の駅」小山ハウス レストランでアイスを食し、

小山浦の小山ハウスを目指します。

 

最後は少しわかりにくいところがあるので、

「海の駅」小山ハウス レストランで聞くとよいでしょう。

私たちはそうしました。

 

【小山ハウスと、シーカヤック】

これは一番下の動画を参照してください。

 

【帰り】

四輪組と二輪2台は来た道をそのまま。

1台(松田さん)は、どーしてもR425 で帰りたいというので別行動。

これもまためろりーならしいお話です。

R425には10月7日時点で通行止めの場所があり、とんでもない目にあったようですが、

なんとか松田さんも帰りついたようです。

 

このようにして、めろりーな57 が終了しました。

 

 

この旅を終え、

  • お泊まりツーリングに四輪が来るとうれしい。
  • そして、シーカヤックは楽しい。
  • この時期は、晴れていれば昼間は暖かいが、
    日が暮れると一気に冷えるので、やはり厚着の準備は要る!

ということがよくわかりました。

 

次の参考にしようと思います。

 

 

 

それでは最後となりましたが、動画もお楽しみください。

 

 


( 1 )

京都・美山町(めろりーな50)

京都・

美山町に行ってきました。

 

 

21、22日で串本へのキャンプツーリングの予定でしたが、

天気予報で22日は雨ということでしたので、あきらめて21日のみのツーリングとなりました。

 

今回、久々にチョーさん参加ということでしたが、、、欠席でした。

チョーさんは単独で串本に向かったということです。

雨は大丈夫だったのでしょうか???

 

 

今回の旅の『ミソ』は、それぞれがETCをそれぞれのカタチで、自主運用したってところです。

ETCを使ってみよう!ってのが重要課題でした。

軽自動車のアレをアレしたり、9Vの電池でアレしたり。。。

 

2012042101

京北町。道の駅そば。

京都市北部~南丹市の桜の一番いい時期に行くことができました。

 

2012042102

美山町。道の駅の中。

道の駅の中の桜が満開でした。

 

風に舞う無数の桜の花びら。

舞う花びらは同じものではないけれど、古墳時代のアノ人も、

戦国時代のアノ人も、幕末のジャッドンチェストな方たちも、

こんな景色を眺めていたのでしょう。

 

日本にまたこの季節がやってきました。

 

2012042104

と思ったら、途中(府道38)、雪が残っているところがありました。

子どもなら滑って遊べるくらい残っている場所もありましたが、撮影忘れてました。。。

そこの気温は寒いくらいです。

 

日本は広い。京都も広い。

 

ちっぽけな私たちは、単車にまたがり、そんな季節をまたがる旅をやってきました。

単車の旅のいいところは、季節を肌で感じられるところです。

 

空気が同じ道でも微妙に違います。

カーブを曲がっていると、空気の冷たい場所や、暖かい場所があることを感じます。

そこに空気があるのを感じます。

 

箱の中の四輪では感じられませんし、自転車や徒歩ではカーブごとの空気の温度差までは

なかなか感じられません。

 

2012年初のめろりーなは、そんな感じでした。

今年もまたがんばります。

 

もし、ネットの片隅のこのページを見られたライダーの方々、

がんばりましょう!

 

 

 

そして最後に、

今回の帰り道、某氏のETC電池運用2号機がエラーとなり、

パッカと開かないゲートを突破したことをココに残しておきます。

・・・ちゃんと高速を降りるときに、係員に事情を説明して、通過されたことも

ココに記します。