吉野単訪

 

奈良南部の吉野地方に行くツーリングを、勝手に『吉野単訪』と名づけています。

 

吉野が出てくる本たち

  • 吉野葛

    谷崎潤一郎先生の作品。
    主人公の友人の母親の里を巡る物語です。義経の伝承、紙漉きのお話など、吉野を訪れる前に
    読んでおくのをお勧めします。
  •  お、お、大砲(『人斬り以蔵』)

    司馬遼太郎先生の作品。
    土佐藩の岡田以蔵のお話がタイトルの短編集の中に、「お お、大砲」という和州高取(奈良県高市郡高取町)の植村藩のお話があります。天誅組が植村藩の高取城を攻めようとするときの、おもしろおかしいお話です。高取町の方々は吉野とちゃうで!とおっしゃるかもしれませんが、高取町以外にも吉野周辺の地名がいろいろと出てきます。