淡路島 慶の松原(めろりーな21)

2008年7月5日~7月6日

 

『めろりーな』夏の恒例ツーリング、この年は淡路島行きです。
でも、ただ淡路島へ渡るわけではありません。
実は、ヤバすごいイベント付きだったんですよ。
御紹介いたしましょう。

melo21-01

明石海峡大橋の車道の下にはこれほどの立派な道がついています。
普通に考えて、何故、何故にここを歩いて人間が歩いて渡れる橋としないの
でしょうか。
明石大橋は日本の橋架け技術の粋をこらした、とんでもない橋であることは、
舞子の橋の博物館で、よおく、よおくわかりました。

 

こいつは、すごいんですよ。確かに。

 

しかしなんですか。

 

この橋、渡れないんです。

 

そんな橋かけてどうするんですか?

 

いろんな危険が想定されるんでしょうけど、そんなもん知りませんよ。

 

橋の前に、「死んでも責任とらん、死ぬ気で渡れ」と

看板つければそれでいいでしょう?

 

チャリンコや徒歩で渡れないような橋かけてどうすんですか?
メンテ用の道を歩かせてもらった僕は、最初、あまりの高さに
ふらふらしてたのは確かです。しかし、人間すぐなれますよ。

 

すぐにでもこの素晴らしい海の上の空中廊下を、開放すべきです。

 

クルマなんかばっかり優先するから、淡路島がその名の意味するところの
「四国への道の巨大橋脚」と化してしまったんですよ。

 

melo21-02

橋脚のてっぺんです。
まさか、こんな激しいツアーがあるとは知らなかったのですが、実際、あるんです。
予約を入れておけば、お金を少々払って、講習を少し受けただけで、
子供以外は参加させてくれます。

季節を変えてもういっぺん行ってみたい、激しい場所でした。

人間は、とんでもないものを造り上げてしまいました。

なお、高所恐怖症の方は、いわれなくてもわかっていらっしゃるでしょうが、
参加はしないほうがいいと思います。

 

これは、無理です。

 

melo21-03

明石大橋橋脚ツアーが激しい興奮のうちに終わり、いよいよ明石の港から
船に乗ります。
フェリーの名前が「たこフェリー」なのが、楽しい気持ちにさせてくれます。
チョーさんは、今回も元気一杯のご陽気です。

 

melo21-04

たこフェリーは、たこのがらの船とイルカのがらの船があります。
みんなやはりできればたこのほうのに乗りたいと思うようです。

 

まあ、どっちでもいいと僕は思います。

 

melo21-05

 

melo21-06

 

melo21-07

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です