パープルサンガ(めろりーな14)

サッカー観戦

僕は原体験時代を尼崎で過ごし、仕方なくタイガースファンになってしまった類の

男でありまして、仕方なくといいわけをしながら結構熱く応援に出かけていた

時期もあり、プロ野球観戦は意外に豊富です。

 

しかし、サッカーの試合、Jリーグは見に行ったことがありませんでした。

 

そんなとき、京都のチーム、パーブルサンガと大分チームの西京極での

公式戦チケットがあるからどう?とのお誘いを受けまして、

(ついにサッカーデビューか!)と勇んで出かけたわけです。

 

出場している選手の名前を一人も知らず、誠に失礼なパープルサンガ応援でした。

しかしそれでも選手達は全力でプロのパワー、プロのサッカーというものを

僕に見せ付けてくれました。

 

そしてその感想を一つ。

 

観るスポーツとしては、もしかしたらサッカーより野球の方が優れているかも

しれません。

 

サッカーは、ボールがあちらこちらに飛んでいき、また、そのボールを誰が

蹴っ飛ばしているかがわかりにくく、観ていて疲れるのです。

 

さらには、いつゴールへシュートするのか前触れがなく、ゴールシーンを

見ようと思えば、ジーっと試合を、ボールを目で追っていなければいけません。

 

なかなかくたびれるものなのです。

 

ただ、観るスポーツとしては少し弱いところのあるサッカーですが、

これはすごいぞと僕の目をひいたものがありました。

 

それは、実は肝心の試合ではなく、応援団の方々にです。

 

チームと一体になるというのはこういう応援をいうのでしょう。

 

皆さん、ベンチに座っておりません。

 

ずっと立って、声を出し、声を合わせ、選手に力を送り続けている風に

僕には見えました。

 

野球の応援は、ビールを飲みまくってだらしなくトイレに何往復もしながら、

メガホンを膝に叩きつけ、野次を飛ばし、要は半分以上、酔っ払いにいっている面が

あったのですが、サッカーは違いますね。

 

プレーしている選手の一挙手一投足に応援団は反応し、

歌を交え、アクションを交え、応援自体も楽しんでいるように見えました。

 

あんな応援の仕方をずっとしていたら、一試合終わったら、間違いなく、

間違いなくヘロヘロに疲れ果ててしまうはずです。

 

それでも応援は決して途絶えません。

 

サッカーの応援団が、応援団でなく、サポーターとわざわざ呼ばれる意味が

なんとなくわかったような気がしました。

 

僕は試合中、ほとんど試合を見ず、大分トリニータのサポーターの方を

ながめておりました。

 

まことに申し訳ないのですが、選手の名前がわからないのもあり、

試合より、応援、いや、サポートの風景の方が俺には興味深く、面白かったのです。

 

(あの中に一緒に入って騒いだら、間違いなく楽しいだろうな)僕はそう思いました。

 

ただ、僕のいい加減な応援方法のせいか、京都パープルサンガは、

試合に負けてしまいました。

 

これは残念な結果でした

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です