鳥取砂丘(めろりーな10)

今回は、鳥取砂丘への旅です。

 

行きはずっと雨が降っていました。
結構キツイ雨で国道29号線、戸倉峠越えは真剣に走らないと危険でした。

 

2005年10月9日

 

1993年10月19日

 

波賀の道の駅です。【道の駅 はが
1990年代前半、このあたりでりんごと写真をとった覚えがあり、またとったのですが、
林檎が微妙に違っていました。

 

(ここだ!)と思ったんですけどねえ…

 

雨の鳥取砂丘は、前日の風、そして当日の雨により風紋が
くっきりのこっており、また、人の足跡が少なかったのも幸いし、沙漠ムードは合格点でした。

今回のツーリングのテーマは、『』を体感することでした。
すなわち、水をあまりのまず、砂丘を越え、砂丘を越え、”渇いてみたかった”のです。
さらには、砂丘の向こうから歩いてくる”人”に出会ってみたいのもありました。

 

『集合場所:沙漠』、は果たされその意味では大成功をおさめました。
ただしこのアラビア半島は、小雨に湿っておりましたけれど。

 

砂丘を越え、ついに海に出たということで、アカバ陥落な気分で撮影です。
僕だけはそのつもりでしたが、こうして見てみると、普通のセルフタイマーを使った
記念撮影にしか見えません。

 

まったくそうとしか、見えません

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です