洞川温泉(めろりーな8)

 

洞川温泉へは、完全一車線の旧道峠越えを選びました。

 

嵐の後で、アスファルトの上は落ち葉で埋め尽くされていました。

 

道路も一部、川になっており、
SL230、グラストラッカーBB、
FTR223と、こいつらでなければ
モーレツに苦労したはずです。

 

洞川温泉に到着しました。
京都組はこの時点でかなりの走行距離です。

 

私の思いも、(宿で寝させろ)でした。

 

ここでゆっくり夜を満喫出来れば
どんなに幸せだろうとずっと考えておりました。

 

 

宿はとりませんでしたが、温泉は楽しみました。

 

しかし、いけません。

 

気持ちよすぎて、もう動きたくなくなってしまいました。

 

ノンアルコール・ビールも飲んだせいか、気持ちよすぎです。

 

女子にやさしいオートバイ倶楽部『めろりーな』。

 

次にくるときは男子メンバー全員、完全女装の
上、女人禁制の大峯山に挑むつもりです。

 

 

 

常に女子の味方です。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です